消化器内科

消化器内科とは

消化器内科は、食道に始まり、胃や十二指腸、小腸、大腸などの消化管、およびそれに連なっている肝臓、胆道、膵臓など、広く消化器領域の疾患に関し、内科的な診療を行う専門科です。腹痛や嘔吐、吐き気、下痢、便秘をはじめとする消化器症状がみられた際は、お気軽にご相談ください。

このような症状の方はご相談ください

  • お腹の調子が悪い状態が続いている
  • 胃の辺りに痛みがある
  • 胃がもたれる
  • 吐き気をもよおす
  • 胸やけがする
  • 食後に背中が痛くなる便秘がち、下痢を繰り返す
  • 便に血が混じっていた
  • 身体の皮膚や粘膜が黄色くなった
  • 食欲がない
  • 体重が急激に減少した

消化器内科で扱う主な疾患

  • 逆流性食道炎
  • 急性胃炎
  • 慢性胃炎
  • 胃・十二指腸潰瘍
  • 胃がん
  • 大腸がん
  • 過敏性腸症候群

など

逆流性食道炎

逆流性食道炎は、いったん胃の中に運ばれた食物が食道の方にに逆流してしまい、食道が炎症を起こしてしまう疾患です。胃から食道への逆流を防ぐ仕組みがうまく働かなくなったり、胃酸の分泌が増え過ぎたりして胃の内容物が食道に逆流するようになると、食道に潰瘍が出来やすくなります。主な症状としては、胸やけ、酸っぱい液体が口まで上がってくる、胸が締め付けられるような痛み、咳などが挙げられます。

急性胃炎

急性胃炎は、文字通り胃粘膜に急性の炎症を起こした状態です。胃部の不快感やみぞおち辺りの痛みのほか、吐血や下血などを伴うこともあります。原因としては、市販の痛み止めや風邪薬、抗菌薬などのほか、お酒の飲みすぎ、ストレスなどが考えられます。原因がはっきりしている場合は、それを除くことが治療の基本です。出血が強い場合は、内視鏡で止血を行います。プロトンポンプ阻害薬やH2阻害薬など、胃酸の分泌を抑える薬を使用したりもします。

慢性胃炎

慢性胃炎は、食べ物などの刺激が続くことによって胃の内部に慢性的な炎症が起こり、胃粘膜が萎縮してしまう病気です。粘膜の傷が修復される過程で、胃粘膜が腸粘膜に似たものに置き換わってしまうこともあります。慢性胃炎の発症には何らかの形でピロリ菌が関与していると考えられています。従って、ピロリ菌検査で陽性となったときは、お薬によってピロリ菌を除去いたします。

胃・十二指腸潰瘍

胃・十二指腸潰瘍は、何らかの原因によって胃粘膜のコーティングが壊れ、胃液によって胃や十二指腸の粘膜が傷つけられてしまう疾患です。粘膜に潰瘍が出来ることに伴い、みぞおちの辺りが痛みます。胃潰瘍の場合は食中・食後に痛みが強まることが多く、十二指腸潰瘍の場合は空腹時に痛みが目立ちます。大抵は薬の服用で治りますが、傷口が大きく出血が多い場合は、胃カメラによる治療を行います。

胃がん

胃がんは、胃壁の最も内側にある粘膜内の細胞が、何らかの原因でがん細胞に変化する疾患です。早期には、それ自体による症状が無いため、多くは胃がん検診や定期健康診断の際に発見されます。他のがんと同じように、出来るだけ早く発見し、適切な治療を行うことが大切です。早期胃がんであれば予後は良く、完全にがんを切除できた場合、治癒率は9割を超えます。しかし、進行した場合は治癒が難しくなるため、依然として日本人の死亡原因の上位を占めています。

大腸がん

大腸がんは、大腸の粘膜から発生する悪性腫瘍であり、隆起型と陥没型という2つのタイプに分けられます。通常、隆起型はゆっくりと進行するのに対し、後者の陥没型は腸壁内層に食い込んでいきながら、極めて早く進行します。大腸がんのリスクが高くなる年齢は50代からです。しかし、他のがんと同様に大腸がんについても昨今若年化が進んでおり、若いからまだ大丈夫といった油断は禁物です。年代に関係無く、1年に1回は定期検診を受けるようにしましょう。

過敏性腸症候群

過敏性腸症候群は、腸が慢性的な機能異常を起こしている状態であり、主にストレスが原因となって発症します。炎症や潰瘍などの器質的な病変は伴いませんが、下痢、便秘、腹痛、下腹部の張りなどの症状が起こります。不安や緊張が強いられる生活、ストレス、疲労、暴飲暴食、アルコールの過剰摂取、不規則な生活習慣などが積み重なると、過敏性腸症候群のリスクが高まります。治療は、食事療法や運動療法をはじめとする生活改善から始めますが、それでも十分な効果の得られない場合は、薬物療法が行われます。

谷津総合クリニック
  • 047-451-8235
  • 〒275-0026
    千葉県習志野市谷津3丁目12-36
    ヤングスピリッツファーストビル2-A
    (ファミリーマート2F)

院長

山田泰司

診療内容

内科・整形外科・小児科・皮膚科

最寄り駅

京成本線谷津駅より徒歩2分
診療時間 日祝
9:00-13:00
14:30-18:30